公務員の種類

公務員と一言で言っても、さまざまな種類があります。公務員は利益のためでなく公共のために仕事をするということは周知の事実です。普通は企業に勤めると、その企業に利益をもたらすために仕事をします。しかし、公務員はそういったことのために仕事をしているわけではありません。公務員の仕事は、日本に住む人々全員のために働くことなのです。

公務員は安定していて、社会的に認められているという点でも昔から大人気の職業です。リーマンショックから大不況に陥り、さらに人気が上がっていきました。公務員は昔から年功序列の制度が用いられていましたが、今では実力をきちんと評価されるようになっています。

毎年たくさんの人たちが公務員試験を受験していますが、大まかには、国際公務員、国家公務員、地方公務員に分けられます。この仕事の魅力は、一般の仕事と違って公務員になることでしか出来ない仕事があります。例えば警察官になって犯罪者を捕まえたり、消防士になって人助けをしたりです。これは一般の企業では絶対に出来ないことです。公務員は、自分だけの利益や名誉のために働きたいという人ではなく、他人のためにがんばりたい人に向いてるかもしれません。

市役所勤務の給料

給料泥棒と呼ばれる公務員の給料ですが、公務員の中でも最も身近なのが市役所の職員です。市役所では、長時間待たされたり、そんな中でもおしゃべりをしていたりと給料泥棒とも言いたくなりますが、実際の給料はどれくらいなのでしょうか。

市役所の職員は地方公務員ですが、その上の国家公務員の給料はどれくらいなのでしょうか。国家公務員の平均月給は30万円です。そのなかで、指定職となると、平均月給が90万円近くとなります。指定職とはいわゆる最高幹部の人のことで、エリート中のエリートとなります。年収にすると1000万円を超えるので相当な金持ちといえるでしょう。

それでは、市役所職員の給料はどれくらいなのでしょうか。市役所職員の平均月給は33万円です。なので、国家公務員の平均月給を大差がないといえます。ボーナスは2回出て約140万円なので、年収の平均は530万円ほどになります。これは、平均年齢43歳のデータとなります。しかし、これは地域によって大きな差が出てきているのが現状です。さらに、想像される年収からすると、世間で言われるほど高い給料をもらっているかというと、実態はそうでもないといえるかもしれません。日々の生活を切り詰めて何とかといったところです。

様々な公務員と給料

民間企業で働かれる方とは違って、公務員は安定した給料を得られるという特徴があります。安定さを求めている方が多く、人気の職業として公務員があげられる事は決して少なくありません。当サイトでは、公務員の給料や種類について紹介しています。公務員と一口にいっても種類は様々ですが、中でも身近な存在としては市役所や区役所の方があげられるのではないでしょうか。役所の職員は区別すると地方公務員に該当します。国家公務員の給料は月給で30万円ほどと言われており、指定職ともなると、給料や2倍や3倍ともなります。対して市役所などの職員の給料は33万円ほどと言われています。地域や役職によって差はあるものの、民間企業より高い給料を得られるケースも多いです。

また、公務員には様々な種類があり、種類によって仕事内容が異なります。裁判官や市役所、区役所の職員、警察官や消防隊員など様々です。公務員はどの職業であっても、安定して給料を得られるという事で、多くの方に人気のある職業です。将来は公務員になりたいという事で勉強される方も多いですし、途中から公務員を目指すために独学したり、公務員の専門学校や講座を利用して試験に挑戦されたりする事もあります。将来的に公務員として働きたい方は、どのような試験なのか、具体的に調べてみると良いでしょう。当サイトでは、公務員に関する情報を紹介しています。さらに詳しく知りたい方はぜひ、チェックされてみてはいかがでしょうか。