公務員の種類

公務員と一言で言っても、さまざまな種類があります。公務員は利益のためでなく公共のために仕事をするということは周知の事実です。普通は企業に勤めると、その企業に利益をもたらすために仕事をします。しかし、公務員はそういったことのために仕事をしているわけではありません。公務員の仕事は、日本に住む人々全員のために働くことなのです。

公務員は安定していて、社会的に認められているという点でも昔から大人気の職業です。リーマンショックから大不況に陥り、さらに人気が上がっていきました。公務員は昔から年功序列の制度が用いられていましたが、今では実力をきちんと評価されるようになっています。

毎年たくさんの人たちが公務員試験を受験していますが、大まかには、国際公務員、国家公務員、地方公務員に分けられます。この仕事の魅力は、一般の仕事と違って公務員になることでしか出来ない仕事があります。例えば警察官になって犯罪者を捕まえたり、消防士になって人助けをしたりです。これは一般の企業では絶対に出来ないことです。公務員は、自分だけの利益や名誉のために働きたいという人ではなく、他人のためにがんばりたい人に向いてるかもしれません。